手段に右往左往するなんてナンセンス

投稿日: カテゴリー: Blog

手段に右往左往するなんて、味噌煮込みうどんの食べ方に迷ってるのと同じ事なんだ。

 

先日、久しぶりに名古屋名物の味噌煮込みうどんを食べに行ってきた。

名古屋では有名な山本屋の味噌煮込みうどんです。

ご飯とお漬物がついたお昼のセット、ランチともいう・・。

 

5人で行ったのですが

5人まったく違う食べ方をしたのです。

一人は、一番始めに卵を混ぜてしまう人

一人は、卵だけを取り皿にとり、すき焼きのように卵につけておうどんを食べる人

一人は、卵をおうどんが半分なくなるまで崩さないようにして、半分食べたところで混ぜて味を変える人

一人は、最後まで卵をお汁の下の方に沈めて最後につるんと食べる人

一人は、卵をご飯の上にかけて卵かけ御飯のようにして食べる人

 

それを見て目的を見失って手段で右往左往している人はこれを見て迷うのかと・・・。

高額でまったく意味のないセミナーなんかに参加してしまうのかと・・・。

 

目的は味噌煮込みうどんを食べる事であって、食べ方ではない。

どの食べ方が一番美味しいかなんてその人の好みもあるのでその人が決めればいいしオリジナルの食べ方で食べればいいだけなのに、この食べ方を1つづつ言い方を変えてこれがベストだとコンサルタントを仕事にしている人は言う。

 

いやいやあ、それはコンサルタントが決める事なんかじゃないよ・・・。

やり方なんていくらでもある

方法なんてその人にあった方法がある

正解はない!!

 

目的は何なのか??

その問いをし続ける方が重要だと僕は思うんだけどな。

 

やり方じゃなくて、あり方です。

 

僕は味噌煮込みうどんは最初に卵を混ぜる派です。