正しい情報はどこにある!?

投稿日: カテゴリー: Blog

正しい情報などというのは無いと思う・・・。
では、正しい情報等のはどこにあるのか?

それは、自分の日常と経験でしかないはずである。

テレビにしろ、新聞にしろ、ラジオにしろ、作り手がいるものは全て、その作り手のフィルターを通して情報は伝えられる、したがってその情報は真実だけではなくなる可能性が高くなりのである。

悪意を持って情報を操作するわけでは無いけれど、伝わりやすい言葉使う、伝わりやすいように構成するという作業をすれば、それはかなりの確率で真実だけを全ての人に伝えるというのは不可能に近くなるのでは無いでしょうか?

だから、正しい情報とは自分の日常と経験の中にしかないのだ。

では、情報を発信する立場からそれを考えるとどうしたらいいのか?
魅せるという視点でそれを考えるとどうするといいのか?

まず、情報を発信するという立場から考えてみる。
情報の発信の方法にはインターネットを使った方法や紙媒体を使った方法がある、雑誌の連載なんかも紙媒体になったりするのかな、テレビなんてもあるがこれはあまり現実的では無いの省くことにしよう。

基本的にはインターネットを使った情報の発信も紙媒体の情報発信も同じだと僕は考える、そこで一番身近で早いものというとインターネットを使った媒体がある、SNSを使う、ブログで情報の発信をする、オリジナルのサイトを作成するのもあると思います。

自分で情報を発信するということは、自分というフィルターを通して発信することになる、だから、どんなに自分で真実を発信していると思ってもなかなか本当の意味が伝わらなかったりする。

それはしょうがないことだと思う。
以心伝心はなかなか無いものだ、ましてや読み手は書き手の真意を理解しようとして読むことは無い。

だから・・・

伝わらないものは伝わらないのだ!
伝わると思ってるから、よろしくない。

伝わらないものだから、手をかえ、品をかえ、いろんな言葉を使って伝ようとする。

そこに正しい情報かどうかではなく、自分が伝えたいことが伝えられるかに焦点が変わる。

世の中に正しい情報などは無いというのは、そこにある。

情報を発信するということは、伝えたいことがあるということであって、真実のみを伝えたいということではない。
情報の発信は伝えたいことを伝えようとすることなのだ。

そして受け取った情報を自分で経験することでその情報が本当かどうか知ることができる。
だから、本当の情報は自分の経験と日常の中にしかないのだ。

そんなことを考えると情報に振り回されることはなくなる。

などということを考えながら風呂に入ってノボセタ・・・。